蝶子さんはM女性ではありません。現役の格闘技系ミストレスです。
その彼女が「顔を出しての緊縛」ということに違和感を感じる方もいらっしゃるかとは思います。
今回蝶子さんが和とみやびにて出演を希望された理由は、
通常のMコースでいらっしゃる受け手(M)の気持ちを理解する為、まず自らが受け手となり、学ぶ。
それが今回のミストレス蝶子さんの掲載理由及びポリシーです。
イメージばかりが先行する今の時代のマニアさんには少々理解が難しいかもしれません。
しかし、本当に素晴らしい縄を打つ方ははじめ、自らの体をもって体感されている方も多いのです。
ミストレス蝶子さんが今回受け手を体験された事は、今後に飛躍するとても貴重な体験だと私は思います。